トップ 社長メッセージ 会社案内 食材一覧 器械・器具 English Ver

◆企業ポリシー

わたしたちは「いま、そこにある食の喜び」を人びとに不断に提供するため、市場創造力と対応力と提案力に優れた「役立つ企業」を目指しています。

  • お客様への卓越したサービス
  • 敏速な対応・問題解決
  • 自己向上の努力を尊重

この3つを基本ポリシーとして、今後とも皆様の幅広いニーズにお応えできるよう努力して参ります。


◆イイヅカの個性と特色

  • お菓子づくりのプロを納得させる全国でも有数の「製菓材料と機械器具」の専門商社です。
  • 1952年創業の「変化に強く、安心安全を重んじる」老舗(しにせ)の優良企業です。
  • コストパフォーマンスのいい中国、台湾での委託生産を進める「柔軟対応型企業」です。
  • 「コンセプト営業」による提案・開発・販売を一体化した「需要創出企業」を目指しています。



◆イイヅカのプロフィール

本社ビル(2004年9月完成)

社  名 株式会社イイヅカ  代表取締役: 飯塚 忠雄
本  社 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-22-8 map TEL 03-3256-1851(代) / FAX 03-3258-1333
配送センター: 〒123-0864 東京都足立区鹿浜1-16-4  TEL 03-3853-0471(代) / FAX 03-3856-7971
資 本 金 3,600万円
従業員数 73名
営 業 所 札 幌 札幌市白石区北郷5条5-4-21 TEL 011-595-7580 / FAX 011-595-7581
名古屋 北名古屋市片場大石57-5 TEL 0568-25-9957 / FAX 0568-25-9958
大 阪 大阪府大東市赤井1-15-21-703 TEL 072-870-4000(代) / FAX 072-870-4100
岡 山 倉敷市真備町川辺1808-1 TEL 0866-98-6329 / FAX 0866-98-6649
広 島 広島市佐伯区石内上1-13-1 TEL 082-941-5003 / FAX 082-941-1371
福 岡 福岡市東区多の津4-10-18 TEL 092-629-2112 / FAX 092-629-2166
中国連絡事務所 中国浙江省寧波市 TEL 86-574-87831871 / FAX 86-574-87832871



◆沿 革

1952年 4月  製菓材料及び食品機械を扱う株式会社として発足
1970年  税務当局より「優良申告法人」と認定、以後毎年更新
1987年
3月
 現、飯塚忠雄社長就任
9月
 有力顧客向け定期情報誌「情報メニュー」の発行を開始
1989年
6月
 配送センターに受注センターを併設し、物流を合理化
10月
 台湾の有力メーカーとクッキー、クロワッサンなどの生産委託の業務提携
1990年
3月
 社員が誕生日に休める「バースディ休暇制度」を新設
 (同制度の採用が報じられたソニーに先立ち、日本で最も早い立ち上げ)
10月
 テナント用のTKIビル(地上8階、地下1階)を千代田区三崎町に完成
3月
 定年制を58才から60才に延長
1992年
4月
 完全週休2日制実施
1993年
1月
 札幌営業所開設
10月
 女子社員の育児のための変則勤務制度を新設
1995年
1月
 コンビニ向け冷凍食材事業開始
4月
 名古屋営業所開設
5月
 ボランティア休暇制度の新設
7月
 中国での農産品委託生産開始
11月
 カジュアル・フライデー制度新設
1996年
4月
 大阪、福岡に続き広島営業所を拡充、冷凍対応進める
1998年
10月
 合理化策の一環として熊本営業所を閉鎖・福岡営業所に併合
12月
 岡山営業所を移転拡充
12月
 執行役員制導入
1999年
6月
 コンピュータシステム更新・オンライン化2000年対応体制確立
9月
 介護のための変則勤務制度新設
11月
 自社ドメイン取得、ホームページ開設
2000年
4月
 新規開拓向け「営業3部」新設
5月
 成果給体系に移行、実施
11月
 中国連絡事務所を寧波市に開設
11月
 インターネット通販(EC)開始
2001年
1月
 インターネット取引成約第1号(ウルトラクリーンヘラ)
1月
 テレビ会議を開始
3月
 大阪営業所の移転、機能強化
9月
 情報メニュー168号刊行(月刊)により、14年連続発行を達成
2002年
2月
 インターネット取引で大型機械を初受注(ホイップマシーン)
4月
 株式会社創立50周年
12月
 中国における委託生産工場10に拡大
2003年
4月
 新成果給体系を確立、発表
8月
 講師を社外から招き、商品知識を深める早朝勉強会(早朝集中講座)を開始。
 トレーサビリティに代表される食品の安全管理などへの社内教育を充実。テレビ中継で
 全国の営業所員も参加
9月
 イイヅカ本社ビル着工
10月
 インターネットによる販売が年間で1千万円の大台を突破
2004年
2
 仕入機能強化のため「仕入管理課」を廃止し「仕入部」を新設。これに伴い社内倫理要綱を
 導入
6月
 全国展開の女性向け料理教室向け事業開始
6月
 ドイツの有力機械メーカーと販売提携
8月
 新社屋(9階建てインテリジェントビル)を完成
9月
 本社機能を新社屋に移転
2005年
8月
 広島営業所移転
2006年
1月
 大阪営業所移転
3月
 ホームページをリニューアル
6月
 本社・営業所間、本社部間、配送センター間の連絡・報告を一覧できるようにし、社内の
 コミュニケーション力・管理力を高めるため、インターネット掲示板「インフォメーションi」を
 開設
2007年
7月
 中国製品の安全問題など消費者の「食の安全」への不安を受け、社内に「安全管理チーム」
 を設置、安全・安心対策の徹底化に乗り出す
11月
 賞味期限管理向上に向け新コンピュータシステムを導入、本格稼働を開始
2008年
6月
 ウェブ受注システムを確立
10月
 地球温暖化対応、原材料高対応など「コンセプト営業」を本格化
2009年
1月〜
3月
 「コンセプト営業」項目に「メタボ対応」および原材料値下がりに対応した「価格おすすめ」
 アイテムをさらに追加・拡充
9月
 「ニューオールド(新高齢者)世代」向け食材供給事業に参入
2010年
2
 コンセプト営業アイテムに「ストレス対応」「安心安全」「オリジナル性」を追加
8月
 コンセプト営業アイテムに「食欲増進対応」を追加
2011年
1月
 コンセプト営業アイテムに「頭の良くなる食べ物」を追加
2
 コンセプト営業アイテムに「花粉症対応」を追加
4
 コンセプト営業アイテムに「がん予防対応」を追加
11月
 コンセプト営業アイテムに「放射能除染機能」を追加
2012年
3月
 マーケット対応を的確かつ機敏にするため、リンゴ、フルーツ系など主要産品別に商品
 担当制を再編
10月
 賞味期限、トレーサビリティなどを統合管理できる新システムを導入・稼働
2013年
8月
 コンセプト営業アイテムに「美肌対応」を追加、世界三大美女のクレオパトラ、楊貴妃、
 小野小町の“美肌食”を紹介
11月
 顧客向け「一押し商品」のEメール発信サービスを開始
12月
 コンセプト営業アイテムに「低糖(糖質ダウン)対応」を追加
2014年
3月
 コンセプト営業アイテムに「反アルツハイマー対応」を追加
7月
 コンセプト営業アイテムに「目の疲れ(眼精疲労)対応」を追加
8月
 「セクシャル・ハラスメント防止ガイドライン」改訂版を作成、相談委員男女2人を指名、
 即日実施
10月
 コンセプト営業アイテムに「食物アレルギー対応」を追加
2015年
4
 出産に伴い退職した女性社員の再雇用制度を導入
5
 コンセプト営業アイテムに「ニュートレンド(黒豆、枝豆など大豆類)対応」を追加
6月
 コンセプト営業アイテムに「減塩対応」を追加。世界的に高い水準にある日本人の塩分
 摂取を減らすための食対応を紹介
11月
 コンセプト営業アイテムに「美肌対応」改訂版(Version1)を追加。美肌を作り上げるために
 食物繊維を中心に食対応を紹介
2016年
2
 コンセプト営業アイテムに「認知症対応」を追加
10月
 当社オリジナル「冷凍クッキースライス5種」を開発・発売
12月
 コンセプト営業アイテムに「パーキンソン対応」を追加
2017年
3
 当社オリジナル「冷凍クッキー生地」第2弾 「Wハートストロベリー」を開発・発売
10月
 ハロウィン向けにイイヅカオリジナルの冷凍クッキー生地の新製品「クロネコ」「ゴースト」
 などを発売